第 二 十番札所 知水山 実心寺


第二十八番札所 知水山 実心寺観音堂


宗 派
真言宗豊山派
開 基
大正13年
開基者
種野憲如
現住職
種野秀憲
寺院本尊
十一面千手観音菩薩
霊場本尊
20番 地蔵菩薩

28番 大日如来
○霊場本尊御真言
 20番 おん かかかび さんまえい そわか
 28番 おん あびらうんけん ばざら だどばん
○御詠歌
 20番 ありがたや 清き流れの 恵みうけ
                実心は 祈る法うた
 28番 巡り来し 観音堂で 静心
               法の教えを 導きたまう

当山は明治42年、種野憲如師がこの地に錫を留め観音信仰を広めるために開教に専念。大正13年には本堂、庫裡を建立し、知水山・実心寺と寺号を公称。開基憲如師、第二世暁如師、第三世憲暁師、現住職第四世秀憲師と法灯を継承。 
昭和46年納骨堂、同53年現本堂、庫裡、同59年檀信徒会館を建立。 入所時には奈良県の吉野桜を移植し「さくら」の寺として永く親しまれていましたが、現在は10本程が春に彩りを見せ近隣の人々の心を癒しています。 
境内庭園の中には、十一面観世音菩薩像と西国三十三ヶ所観音霊場があります。
観音堂は、中に十一面観世音菩薩像、弘法大師像を奉安し壇信徒信仰の道場となります。


大きな地図で見る
〒095-0371
士別市上士別町20線南4
пEFax 0165-24-2719

<公共交通機関>
JR宗谷線士別駅下車、
士別軌道の朝日町方面行き
バスにて20線真言寺前にて下車

<車でのアクセス>
士別・剣淵インターから国道40号線を
名寄方向に進み士別市内6丁目より
右折道道61号線「士別・滝上線」を
滝上方面に20km

  札所周辺の宿泊施設とみどころ
    士別グランドホテル
          士別市東3条6丁目 0165-23-1234
    士別inn翠月
          士別市南士別町1871−21 0165-29-2233
inserted by FC2 system