第二十一番札所 霊光山 大阿寺


宗 派
真言宗豊山派
開 基
明治37年
開基者
小島秀元
現住職
真光昌雄
寺院本尊
大日如来
霊場本尊
虚空蔵菩薩
○霊場本尊御真言
   のうぼう あきゃしゃ きゃらばや
         おんありきゃ まりぼり そわか
○御詠歌
   宝蔵に 入りて今更 迷いなば
            阿字の寺にぞ 道しるべあり

小島秀元師が明治37年来道。石狩を経て、当地に錫を留め、翌38年教会を設立し布教活動を始めたのを当山の開創とします。大正4年霊光山大阿寺と寺号公称し、以来第二世秀澄師、第三世秀隆師、第四世真光尚如師と受け継がれ昭和59年より現住職真光昌雄師が就任しました。 市の区画整理で境内が削られた横長の境内に、庫裡と本堂(昭和54年建立)、納骨堂が一列に並びます。 
門を入って右に大師堂があり、本尊子安大師(石像)は、近隣女性の信仰を集め、いつとはなしに花が奉られ、着物が掛けられています。また、当寺は北海道八十八ヶ所霊場札所のほか、朔北七福神霊場になっています。本尊は毘沙門天で、毎年7月7日に七福神まつりを行い多くの信者で賑わいます。


大きな地図で見る
〒095-0011
士別市東1条5丁目5
пEFax0165-23-1718

<公共交通機関>
JR士別駅より徒歩15分

<車でのアクセス>
士別・剣淵インターチェンジから、
国道40号線を稚内方面に4km

  札所周辺の宿泊施設とみどころ
    士別グランドホテル
          士別市東3条6丁目 0165-23-1234
    士別inn翠月
          士別市南士別町1871−21 0165-29-2233
inserted by FC2 system