第二十二番札所 霊水山 不動院


宗 派
高野山真言宗
開 基
大正12年
開基者
阿部照忠
現住職
林 公秀
寺院本尊
不動明王
霊場本尊
薬師如来
○霊場本尊御真言
   おん ころころ せんだり まとうぎそわか
○御詠歌
   わき出づる 霊水山の 清水が
            よろずの病を いやしまします

大正12年5月3日、故阿部昭忠師が現境内の霊水滝前に小堂宇を建立したのが始まりです。
師は不治の病におかされていたところ、明王突然枕辺に現れ「汝の病症は医師の治療のみにては全治するものに非ず、西方の小山の中腹に小滝あり、その水を服用せよ!必ず全治すべし、夢疑う可からず」と告げられたそうです。不思議に思いましたが、そのまま打ちすぎたところ再度同じ夢の示現があり、師は意を決して医師や看護婦の止めるのも聞かず4月7日退院し、友人の力をかり、ついに小滝を探しあて病気も平癒し、師は大いによろこびその霊験あらたかなるを感じ報恩の為小堂宇を建立しました。


大きな地図で見る
〒095-0055
士別市南士別町1871
TEL 0165-23-2364
FAX 0165-23-2368

<公共交通機関>
JR士別駅から徒歩30分
JR士別駅からタクシーで10分
JR旭川駅から道北バス名寄行き
普通バスは不動尊前下車、但し
急行バスは士別高校前で下車、
徒歩15分

<車でのアクセス>
士別・剣淵インターチェンジから国道
40号線で士別方向に15分

札所周辺の宿泊施設とみどころ
    士別グランドホテル
          士別市東3条6丁目 0165-23-1234
    士別inn翠月
          士別市南士別町1871−21 0165-29-2233
     羊飼いの家
          士別市西士別町
    日向温泉
          士別市多寄町日向
inserted by FC2 system