第三十二番札所 佛光山 弘法寺


第三十三番札所 佛光山 佛光堂



宗 派
高野山真言宗
開 基
大正4年
開基者
豊澤弘盛
現住職
米本敬厳
寺院本尊
大日如来
霊場本尊
32番十一面観世音菩薩

33番薬師如来
○霊場本尊御真言
32番おん まか きゃろにきゃ そわか
33番おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
○御詠歌
32番 仏の山 置戸に詣でむ あらたかな
            滝のしぶきは 法のみ声ぞ
33番 南無薬師 佛の光 かがやきて
            諸病悉除の 誓いたのもし

緑と清流のまち、置戸の市街西の端、大通りに面して山門、堀庭木の茂みが目立つ所。北海道八十八ヶ所の札所本尊は32番・33番共に本堂脇の御堂に奉安されています。 また、背後の山には新四国八十八ヶ所と新西国三十三ヶ所の霊場があり、参道に沿って石仏が建てられています。 
春はツツジやレンゲ、芝桜が咲き乱れ、川の水を利用して滝を作り、水のしぶき音が参拝する者の心を癒してくれます。そばには水かけ地蔵尊が並んでいます。
網走支庁の西南端に位置し、十勝支庁との結び目の役割を担っています。北見市、訓子府町、陸別町、足寄町、上士別町に隣接した森と湖の街、人口は約3600人と小世帯ですが、お祭り好きで、アウトドア遊びに目がなく、「人間ばん馬」に命を懸けています。置戸の山を駆け回ってワインを作り、白花豆を焼酎に変え、オリジナルの酒まで作りました。 
街並みを変えようとダムも作り湖を誕生させ、温泉までも掘りあてました。そんな町の弘法寺の佛光山の由来は四国八十八ヶ所,西国三十三ヶ所の霊場ができ、その一体一体が光に輝いているという夢告に由来します。


大きな地図で見る
〒099-1100
置戸町字置戸226−1
TEL 0157-52-3669
FAX 0157-52-3678
E-mailqqv79dsd@rice.ocn.ne.jp

<公共交通機関>
JR北見駅から北見バス置戸行き、
林友橋下車

<車でのアクセス>
国道39号線留辺蕊から国道242号線
置戸役場から西方向に500m

  札所周辺の宿泊施設とみどころ
    鹿の子温泉 鹿の子荘  п@0157-54-2008
    民宿 寿光苑  п@0157-52-3724
    鹿の子沢ハイキングコース
    おけとパークゴルフ場
    おけと湖散策
    オケトクラフトセンター森林工芸館
    おけと勝山温泉 ゆうゆ
inserted by FC2 system