第四十一番札所 普光山 鹿追寺


宗 派
真言宗豊山派
開 基
大正7年
開基者
奥田松次郎
現住職
関 道俊
寺院本尊
不動明王
霊場本尊
十一面観世音菩薩
○霊場本尊御真言
   おん まか きゃろにきゃ そわか
○御詠歌
    ひとすじに 祈る心は鹿追寺 
          大慈大悲の ふかきめぐみを
当山は奥田松次郎氏が一宇を建立したのが始まりである。また同氏は「軍人一宮神社」などを建立し「古義真言宗金毘羅本院」の許可を受けて開教中のところ昭和元年に示寂した。
 その後数代を経て昭和11年、菅賢章師が本山より開教師として特派され着任し荒廃しかけた教会の復興と密宗の弘通に力をそそいだが、大東亜戦争の始まった昭和16年に召集され、その間夫人愛子氏が留守を守り、同22年に帰還した。翌23年に教会を現在地に移転し新本堂を建立と同時に「鹿追寺」と寺号公称した。昭和57年開基住職菅賢章師遷化の後、第二世として長男訓章師が就任。平成28年仁木町銀山孝徳寺(第60番札所)より関道俊師が第三世として就任し現在に至る。
 当寺境内には三十三観音霊場、お堂には薬師如来、子育て延命地蔵尊、十勝八十八ヶ所霊場第78番札所本尊阿弥陀如来、十勝北斗12支めぐりの戌亥本尊を奉安している。


〒081-0223
河東郡鹿追町南町2-31
電話0156-66-3444
FAX0156-67-7229
<公共交通機関>
バス停「神田日勝記念美術館前」
<車でのアクセス>
JR新得駅から車で20分
帯広から車で40分

札所周辺の宿泊施設とみどころ
   道の駅「しかおい」 神田日勝記念美術館
      河東郡鹿追町南町3丁目2 0156-66-1125
   菅野温泉
      河東郡鹿追町字然別国有林145林班 050-3136-8039
   然別湖
inserted by FC2 system