第四十二番札所 寳塔山 照覺寺



宗 派
高野山真言宗
開 基
不明
開基者
不明
現住職
西沼行眞
寺院本尊
弘法大師
霊場本尊
42番大日如来
○霊場本尊御真言
42番おん あびらうんけん ばざら だどばん
○御詠歌
42番 草も木も 佛とならん 照覺寺
            如来の誓い あらたなるらん
当寺は、昭和10年清水町御影の照明寺住職山本祐澄により当町に大師教会光明支部設置の許可を受け、大師信者である広瀬ヨノ宅にて教線を張ったのに始まり、その後、山本師の弟子前川光榮が引継ぎ高野山芽室教会となりました。 
昭和17年東2条5丁目に本堂を設立、昭和19年、西沼行貫が教会主管代務者となり、同24年寺号公称し開基住職に。 
師は寺門興隆と布教に心血を注ぎ寺院を整え、同45年行貫遷化後、師の妻行基尼は同47年行眞が晋山するまで寺を守りました。行眞は住職就任直後、足掛け6年かけ寺を現在地に移転し普請します。 
当山には行貫の弟子勇弘道が謹刻した千体の地蔵菩薩をおまつりしている御堂があり「北海道十勝北斗十二支 福徳神めぐり」の霊場(全六ケ寺)になっています。そのなかで、「申」と「酉」の守本尊とエトの霊石を奉安しています。
三昧堂は、当寺の施設の中にあるもので、住職が専ら修法する道場で、一般の檀信徒の入堂はできません。
ここの本尊は不動明王でその他、歓喜天、ダキニ天、龍神、聖徳太子などが奉安されています。


大きな地図で見る
〒082−0811
河西郡芽室町東芽室南2線36−3
TEL 0155−62−3836
FAX 0155−62−8839

<公共交通機関>
JR芽室駅から徒歩25分
JR大成駅(根室本線)下車5分

<車でのアクセス>
国道38号線、日甜工場の約1km南なり、
「芽室高等学校」の真向かいに位置します。

  札所周辺の宿泊施設とみどころ
    国民宿舎新嵐荘
       芽室町中美生2線42号  TEL 0155−65−2121
    温泉ホテル川北
       芽室町北芽室北4−27 TEL 0155−62−1351
    新嵐山スカイパークと展望台
       芽室町中美生2線42号
    芽室町観光協会
       芽室町東2条2丁目14番地 TEL 0155−62−9726
inserted by FC2 system