第五十一番札所 成田山 望洋寺


宗 派
真言宗智山派
開 基
大正13年
開基者
吉田守賢
現住職
吉田承誓
寺院本尊
不動明王
霊場本尊
薬師如来
○霊場本尊御真言
  おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
○御詠歌
   大慈悲の 加持のみ力 被りて
           迷いし霧も 晴れぞ尊うとき

当山は大正13年開基住職吉田守賢師が、この地に来錫し開教を始めた事に濫觴します。昭和2年幸町に不動院教会所を設立し認可を受け、その折、総本山智積院より下付された不動明王(二童子付)が、現本堂に安置の御本尊です。
昭和10年ころ、当初から目標でした寺号公称を目指し寺域創りに奔走します。昭和12年遂に現在地に移転しました。本堂を落成して望洋寺と寺号公称し、爾来、各行事を通じて教化活動も活発に展開し、檀信徒の安らぎの道場として基盤が確立されました。その後、納骨堂、大師堂、護摩堂、客殿等の諸堂が落成し伽藍の輪奐も整ってきました。20数年前より毎月写経会、大師講、護摩供、詠歌講を開催し、また毎年全国の霊場に巡拝し共に感動を味わっています。 


大きな地図で見る
〒053−0014
苫小牧市浜町1丁目4−14
TEL 0144−72−2046

<公共交通機関>
JR苫小牧駅から徒歩20分。
タクシーで7分。

<車でのアクセス>
苫小牧東インター、西インターから
国道にて約7km

  札所周辺の宿泊施設とみどころ
    苫小牧観光協会
inserted by FC2 system