第六十一番札所 北明山 仁玄寺


宗 派
高野山真言宗
開 基
明治39年
開基者
戒存
現住職

寺院本尊
大日如来
霊場本尊
大日如来
○霊場本尊御真言
   おん あびらうんけん ばざら だどばん
○御詠歌
   頂白の峯を背負いて 北明の
            境内の欅に 紫の雲

仁木町入植開墾当時、開基住職戒存大和尚が二間四面の小さな大師堂から出発した当山も、明治39年には本堂建立とともに寺号公称をするに至り、戦中戦後の混乱期にあっても布教活動を後退する事無く、宗祖弘法大師の教風宣揚の場として一心に信仰を集め現在に至っております。
その時代毎に伽藍も一新し、鐘楼堂や香楼堂が建立寄進されるなど、境内の新四国八十八ヶ所霊場や復興した北海道三十三観音霊場の第6番札所(千手千眼観世音菩薩)として、その時々の熱き大師信仰、巡礼の道場となってきました。
境内のケヤキの大木は、当時の徳島県からの入植者たちが故郷を偲んで植えたもので、今では町の天然記念物として指定されています。


大きな地図で見る
〒048−2406
余市郡仁木町西町7丁目1
TEL・FAX 0135−32−2059

<公共交通機関>
JR仁木駅から徒歩20分
ニセコ、中央バス「仁玄寺」停留所
下車(正門前)

<車でのアクセス>
国道5号線沿いに仁木町中心部よ
り1.5km。

  札所周辺の宿泊施設とみどころ
     ホテル水明閣
        余市町山田町687 TEL 0135−22−2838
     仁木町観光協会 TEL0135−32−2711
inserted by FC2 system