第六十五番札所 大網山 精周寺


宗 派
真言宗豊山派
開 基
明治15年
開基者
大網精周
現住職
田邉弘学
寺院本尊
胎蔵大日如来
霊場本尊
十一面観世音菩薩
○霊場本尊御真言
   おん まか きゃろにきゃ そわか
○御詠歌
   杖つきて くぐりて参る 石の門
            天狗の峰に 響く鈴の音

出羽三山の一つ湯殿山大日坊第八十三世貫主大網精周は北海道巡教の際、一寺建立を願う懇望に接し明治16年7月21日、小樽港信香町コンタン町に懸錫所を創設しました。明治21年精周は弟子の中川慈照を派遣し、翌年11月24日寺号公称、第一世住職を拝命します。明治24年に寺領を汐見台に移し本堂を建立。明治42年、現在地に本堂を解体移築、本尊大日如来(廣長年間以前の作)は総丈10尺で羽黒山の本尊でありました。明治7年大日坊に遷座されていましたが、建立にあたり請来されています。寺宝は「降魔成道の釈尊像」で黒色緑泥石の高浮き彫り。9世紀(印パーラ期)のもので、「メトロポリタン美術館」所蔵の「転法輪仏像(8世紀)の様式を継承した傑作とされています。


大きな地図で見る
〒047−0023
小樽市最上2丁目15−33
TEL・FAX 0134−22−5892

<公共交通機関>
JRバスで小樽駅から最上町行き(7
系統)に乗り、最上橋精周寺入口にて
下車、徒歩3分

<車でのアクセス>
小樽インターチェンジから天狗山方面
に8km。

  札所周辺の宿泊施設とみどころ
    小樽観光協会
    天狗山
    小樽運河
inserted by FC2 system