第六十九番札所 高臺山 淨徳寺


宗 派
真言宗醍醐派
開 基
昭和50年
開基者
筒井龍覚
現住職
地山敬胤
寺院本尊
薬師三尊
霊場本尊
聖観世音菩薩
○霊場本尊御真言
   おん あろりきゃ そわか
○御詠歌
   人の世の 護り火燈し 淨徳の
            瑠璃の光に 詣る身なれば
当山はもともと旭川市末広町に開基龍覚師により設立されました。のちに第二世龍敬師(小樽・龍照寺、北海道三十六不動尊霊場第29番札所)が兼務したものの本尊・仏具も全て消失しており、その後、平成9年に札幌市簾舞へ寺務所を移転。平成11年には、第三世敬胤師が就任。平成14年、二世龍敬師の発願により本堂兼薬師堂を建立しました。お堂には霊場本尊の聖観音座像と薬師如来、両脇侍には日光・月光両菩薩が奉安され、訪れた参拝者の所願成就をお守りして下さる事でしょう。現在は小樽龍照寺札幌別院浄徳寺として布教活動を行っています。


大きな地図で見る
〒061-2262
北海道札幌市南区簾舞二条五丁目6-1
TEL・FAX011-596-5969

<公共交通機関>
 JR札幌駅から地下鉄南北線で真駒内駅
 からじょうてつバス、定山渓行き豊滝方面
 行きに乗車し簾舞停留所で下車徒歩1分

<車でのアクセス>
 札幌北インターチェンジから国道5号線、
 更に国道230号線(定山渓方向)へ車で50分

札所周辺の宿泊施設とみどころ
 簾舞通行屋 TEL011-596-2825
    北海道札幌市南区簾舞1条2丁目4-15
inserted by FC2 system